日焼けに注意する

脱毛器で脱毛するさいに注意しなければならない事のひとつに、日焼け

があります。そもそも脱毛する事自体が、多少なりともお肌に負担をか

ける行為になります。ですから、肌が日に焼け、肌が炎症をおこしてい

たり、軽いやけどのような状態になっているところへ、ますます肌に負

担をかけてしまう脱毛は、肌にトラブルをおこしてしまうのでNGです。

脱毛器の脱毛だけでなく、本来は脱毛ワックスやカミソリでの処理も、

肌が炎症したり乾燥しているところに行うのは、控えてほしいものです。

またレーザー脱毛や光脱毛器の場合は、黒い色に反応してしまうので、

肌が黒くなっている場合、個人差はありますが、通常よりも痛みを強く

感じたり、人によっては肌が炎症をおこし軽いやけどのような状態にな

り、ほてって赤くなったりしてしまいます。ひどい場合ですと、ケロイ

ドのような状態になってしまうので、注意が必要です。同じような理由

により、刺青をいれている部分、ほくろ、アザなどの部位もさけてくだ

さい。

また、傷や湿疹など肌にトラブルがある場合や部位は、肌が落ち着くまで

脱毛を控えた方が良いです。夏前に脱毛を済ませておくのは、なにもむだ

毛が気になる薄着になる前に処理しておきたいという理由だけではなく、

お肌の事も考え、トラブルが少ない夏前までの時期にすることがオススメ

です。

コメントは受け付けていません。